ベテラン風俗嬢はハズレが多い

固まりつつありますね

ようやく風俗に於いて、自分がどうやって楽しめばよいのかが分かってきたような気がします。それまでは、正直何となくだったり手探りな部分もありました。もちろん満足感はありましたけど、周囲の声を聴いていると、自分ももっともっと楽しめるだろうっていう気持ちが芽生えつつあったんですよね。でも具体的にどうすれば良いのかなんて分からないじゃないですか。だからかなり迷っていたんですけど、最近はようやく自分の思いも固まりつつあるんです。好みの女の子・ジャンル。それらが見えてきたんですよ。特に実感したのが風俗は女の子だけが頑張るものじゃないってことですね。男側だってある程度協力することが求められるんです。女の子に任せて「はい、お願いします」では自分が求めるような満足感を得るのは難しいんじゃないかなって思うんですよね。でも、自分でも回数をこなすことによって、自分の願望が何か、具体的に形として見えてくるようになってきたんです。

価値観を思う存分発揮出来る

恋人がいれば風俗は控える。まぁそれは一理ありますけど、自分はそうじゃないですね。恋人はいますけど、バレないように風俗で遊んでいます。恋人を裏切ってしまっているのは申し訳ないとは思いますけど、性癖って本能じゃないですか。恋人相手だとそれを満たすことは出来ないんです。恋人とはオーソドックスなプレイに終始せざるを得ないじゃないですか。信頼が高まってくればいろいろなことが出来るとは思いますけど、まだそこまでじゃないんです。だから自分のちょっとマニアックな趣味を楽しみたい時には、結局は風俗が一番いいんですよね。その方が断然楽しいし、単純な性的な意味での満足度という点ではやっぱり風俗なんですよ。相手に対して必要以上に気を使う必要もないというか、むしろ相手の方がこちらに気を使ってくれるので性癖を思う存分発揮出来るだけじゃなく、気楽なんです。だから恋人はいますけど、本当の意味で性欲を満たすために風俗のお世話になっています。